D7100購入

D7000を下取りに出して、D7100の中古を買った。久しぶりにカメラ関係への投資。スマホのカメラがよくなってしまったのと、引きこもり気味なので、写真趣味が桜シーズン以来ご無沙汰であるが、これをキッカケにすこし写真趣味を再開というか力を入れようかという感じ。

D7000からのアップグレード、中古同士だと差額が美品で無ければギリギリ予算内だったので踏み切ったのであるが、下取りで足したMINOXがジャンク扱いになってしまい値段がつかなかったので、予定外の出費になってしまった。それは戻ってくるので、動作はするからオークションにでも出すことにする。

で、本題であるが、D7100になるとできるようになること、変わることであるが、DX機の一世代なのでそれほど大きくないのであるが、個人的注目ポイントを並べると次のようになる。

  • AF-Pレンズが使用可能に
  • 1.3倍クロップ機能の追加
  • 画素数アップ

AF-Pレンズはすぐに買えるわけではないし、持っているわけでもないが、今後、新レンズがAF-Pに移行した場合に対応していれば延命できるだろうという感じ。

1.3倍クロップは一番の注目ポイントで、センサーの中央部分だけをトリミング撮影する感じ。これで、画角的には35mm換算で、DXの1.5倍と足して、およそ2倍になるらしく、それならフォーサーズと近いイメージになるだろう。ファインダーでの撮影は注意が必要らしく、ライブビューはクロップ後の保存イメージが液晶に出るらしい。まぁ、新製品じゃないからこの当たりを詳しく書く必要は無いか。300mmから先の望遠レンズを買う金を節約しつつ、近所の公園で鳥の撮影を気軽にやるのに活用してみたい。

画素数のアップはWebやSNSで使う分には意味が無いのであるが、それこそ、D7000でも充分だったくらいなのであるが、1.3倍クロップ後にD7000レベルの画素数が確保できるというイメージでいるとまぁ、悪くない。

デメリットはバッテリーグリップが変わることなのであるが、ちょうど社外品の安物のD7000用が下取り出すタイミングで壊れてしまったこともあり、また、安井の使うこと考えるとそんなに悪くもないかな、と。ファームの問題がなければ、純正品はD7200と同じになるし。

D7500がアレな仕様で出てしまったので、D7200の中古価格がガクッと下がった感じはない。ただ、D7100の中古価格は下がっていて、私がD7000を買った頃のレベルかな?という感じはする。ただ、あの頃のD7000の中古は数があり、選べて買えたイメージがあったが、今のD7100はマップカメラを見る限り、入れ替わりが激しく、入荷したら出て行ってしまう感じである。

見つけたら、即決。私もためらっているうちに3回くらいSOLD OUTしてしまって、今の個体に決まった位である。

とりあえず、何かを撮影に行ってこよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました