あいかわらずおかしいのか

Macもどきを使い始めてから、タスクバーを上に表示させている。これは、Windows95リリース直後に使ってから約13年ぶりに使う設定だ。
当時は、Windows3.1とMacの漢字Talk7を併用していて、95の見た目をMacに近づけるためにタスクバーを上に出した。
しかし、当時はうまく機能しなかった。 Windowの最大化をしたときに、デスクトップ領域全体に対して絶対座標を使うものが多数あったために、最大化するとタスクバーとタイトルバーがかぶってしまい操作できなくなるアプリがでた。Microsoftに問い合わせをかけたがどうにもならないという回答をもらった覚えがある。それ以来タスクバーは標準どおりに下に表示させ、使ってきた。
今回、Macもどきのために上に出しているわけだが、相変わらず不具合も多い。最大化をしたときにタスクバーの影にタイトルバーが入ってしまったり、最大化、といいつつ壁紙が見えることさえある。先ほどはタスクバーが消えてしまい、最小化するとMDIアプリのようにデスクトップ下部に四角いアイコンが並んで表示された。
13年経ってもタスクバーを下以外にしたときの動きが変わっていないとはすごいな。最大化はアプリからはシステムコール(API)をしているだけのはずなので悪いのはOSだ。これならMac OSのように最大化という機能をOSが提供しない方がいい。
今日は無茶苦茶ストレスが溜まる日だ。健康に悪い。体調が悪くなっているのがわかる。非常にまずい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました