3ヶ月遅れでやっとWindows10にアップグレードできた!

メインで使っているPC、Windows8.1Proで使っていたのであるが、予約してもWindows10の通知は来ないし、Windows Updateを強制実行させても失敗。USBメモリでメディアを作成してインストールしても失敗。

自作のデスクトップPCなのであるが、周辺機器を外していったり、よくあるFAQを見ても、全然解決しなくて、空き時間に何度か試行するも全て失敗していた。

先日、USBメモリからインストールした時のエラーコード(メモしておくのを忘れたので、正確なコードはもうわからない)でGoogle検索したところ、ノートPCの人のブログがヒットして、周辺装置を外して、「BIOSをアップデートしたら、Windowsのアップグレードに成功した」という記述があった。

私のPCはASRockのB85M Pro4MというマザーボードにPentium G3258という構成である。このマザーボードのBIOSを見に行くと、今年の8/5に公開されたバージョンがあった。Windows10のリリース日直後である。思いっきりにおう。ということでBIOSをアップデートしてみた。

前回はPentium G3258のオーバークロックへの対応バージョンであったのであるが、今回はオーバークロックのページ内容が変わっていて、前のバージョンのようにはオーバークロックできないようになっていた。定格で使っているので問題は無いのであるが。

そして、このバージョンのBIOSにして、USBメモリのインストーラを起動し、2時間ほど外出して帰宅すると、インストーラは正常終了して、「ようこそ」と表示されていて、最終設定の画面になっていた。原因はBIOSだったのだ!周辺機器でもドライバでもなんでもなかった!

ということで、未だにアップグレードできていない方、他に手の打ちようがない場合はBIOSがアップされていないか、要確認、ということで、私的にはファイナルアンサーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました