再びのアクリジョン

最近、またアクリジョンを多用するようになってきた。ミニ四駆のボディの塗装や、組んでいる途中のカーモデルのボディなどに使っている。

筆塗り派としてのアクリジョンの利点は、重ね塗りをしていく時に、前回の塗膜を侵さない、変化させないというところにある。メタリックの下地に黒を塗ったり、クリヤーカラー、特にスモークをはっきりと黒く認識できるまで筆塗りで厚塗りするのは、アクリジョンでないと厳しい。

しばらく使ってなかったので、塗料が劣化していたり、ダマにならないように塗る筆運びを体が忘れていたり大変だったが、だいぶ戻ってきた。

状況に合わせて使い分けていきながら、なによりも、製作ベースを上げたい、今日この頃。

コメント

タイトルとURLをコピーしました