モデルアート社の本はもう見ない

TwitterのモデルアートのアカウントがRTしてきたツイート(少し前のもの)を見たのであるが、趣味でプラモデルをやっている人間として愕然とした。

塗装が上手い人は絵心がある、描くように塗る、影も描く、説明書通り指定色を塗るだけのは塗り絵。

と言ったような内容が2つのツイートとして流れてきた。引用RTして私見を述べたのだけど、きれいにブロックされたので、今は見れないので、元ツイートはURLは分かっているけど貼らないでおく。一方的になるけどブロックされたから仕方がない。

絵心なく、説明書通り+αで模型作りを楽しんでいるのに、それを「塗り絵」と揶揄されて楽しいわけがない。自分の作品に自信を持ったり、技法を広めたりするのは自由だし、雑誌に記事を書いているのであれば、それを発表するのも自由であるが、他者を貶める必要はまったくないだろう。

この件に限らず、私は常日頃から、

Aを主張する(褒める)ために、(それと異なる)Bを批判する(貶める)

という論法が嫌いであり、あるものを褒めたり主張するのであればそれだけをいえばいいのである。好きなものをアピールするのであれば、好きなものだけを持ち上げればいいのであって、その他のものをディスる必要はまったくないと思っている。

普段から模型雑誌はほぼ読んでおらず、気に入ったものしか買わないのであるが、唯一読んでいるのは期間の「艦船模型スペシャル」である。確認したら、モデルアートの出版だなぁ。これだけ例外にして、この会社の本は今後、読まない、買わない、という方向で考えている。RTしたし、ツイートの中に、編集者との話の中で、とあったのでおそらくこの会社のことだろうと想像する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました