Leopard再インストールの決意

昨年より愛用していたMac miniだが、喜び勇んでLeopardを発売日に購入して導入していたがあまりにもパフォーマンスが悪く、RapidWeaverのアップロードのエラーも頻発し使用頻度が下がっていた。デジカメで撮影した画像をiPhotoに取り込んだり、iPodの管理をiTunesでやるくらいでブラウザの利用やメールはWindows環境に移っていた。
マシンスペック的にここまでパフォーマンスが悪いのが納得できない。少し調べるとLeopardへのアップグレード時にTigerを消してインストールしなかったのが悪さの一因であるようだということがわかった。
そこで起動ディスクを消去して再インストールを試みることにした。バックアップを取らなければならない。いろいろネットで調べてCarbon Copy Clonerを使って起動ディスクを丸々バックアップすることにした。起動ディスクの容量は160GB、元々Windowsで使っていて中身を消去してMacにつないだ外付けUSB HDDが160GBと丸ごとバックアップにちょうどいいのでよかった。
さて、これを書いている現在、バックアップの作業中である。結果が出たらパフォーマンスを記録しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました