玄箱、破損

Fedora化に失敗し、一切アクセスできなくなってしまったので、初期化して作業をやり直していた。
分解と組み立ても何度もやった。
玄人志向から提供されているCDによる初期化ツールも、ファームのアップデータも異常終了する。ネット検索して、HDDのパーテーションを削除してやればいいというのでやってみたが駄目。
今は最後のトライをしているが、組み立てで壊してしまった。インジケータのLEDの光を正面に導くレンズの部品があるのだが、それを割ってしまった。元々ははじめての組み立てのときに二つに割ってしまっていたのだが、その時点では正常に組めていた。しかし、今回の破損はそれもむり。
瞬間接着剤で補修を考えたが、部品でなく指をくっつけてしまう始末。指は、幸いにして完全固着前だったので風呂に右手を突っ込んで指をクリクリ動かしていたらはがれた。少し赤くなっていたいが。くっついたままよりはよい。
それでもあきらめず、もう壊れる部品はないので何度でもチャレンジするつもりだ。
ちなみに、割ったレンズは他の部品とセットで3980円で売られていた。でも、これを買うなら金ためてギガ箱(うちのは初代なので)を買うだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました