コンピュータが持ち主に逆らう

物は操作したとおりに動作して欲しいのだが、コンピュータはプログラム通りに動くものなので、しばしば頭にくる。先ほど、2台まとめて逆らってくれたので非常に頭にきた。
まずはデスクトップPC。VMWare Playerを使って仮想マシンにOSをインストールしようとしているのだが、うまくいかない。最初はISOイメージをCDドライブにマウントして起動を試みたが読み込んでくれない。仕方ないので、物理ドライブにお皿を入れてブート。インストーラが起動した。しかし途中で固まる。CDドライブもとまった。HDDもアクセスランプがつかない。仕方ないので、VMをリセットしたら、CDドライブをロックしたまま終了した。VMを強制終了したがロックが解除できない。タスクマネージャでプロセスを確認するもどのプロセスが悪さをしているのか検討もつかない。再起動して同じことをしたが同じところで固まった。そういうプログラムのようだ。同じことをすればまたCDドライブをロックしてくれそうなので、このままにしておく。
次はノートPC。LOOX。メモリを1GBに増やしているのに仮想メモリ不足をのたまった。ちなみに表で起動しているプログラムは、FirefoxとThunderbirdとホームページビルダー。エクスプローラのWindowが一つ。これだけ。動作が鈍いなとは感じていたのだが。仕方ないのでリブート。しかし、起動したらAdobe Flush Playerの更新が走った。更新したのはいいがシステム再起動しないと有効にならないとのたまう。この程度で再起動だぁ?使えねぇ。仕方ないので再び再起動。なんとかなったようだ。
Firefoxは軽量タブブラウザとしてもてはやされているが、最近は重い。今時のスペックでは問題にならないのだが、メモリは常に3桁MB使っている。私の使い方が悪いのかもしれないが、一度見て、次見るまで必要だがブックマークはいらないようなところはタブで開いたままにしておく。用済みになったらタブを閉じる。そのためタブが多い。しかし、環境設定で警告出すようにしていても警告されたことはない。おかしい。また、不意のブラウザ終了の時にタブを復元してくれないと困るので、IE7には乗り換えられない。
頼むから「想定内」で動いてくれよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました