Macもどきで一日使ってみて

今日一日、LOOXをMacもどきで使ってみた。
そもそも、今回のスキンがTigerもどきなのだが、Mac miniの方は早々にLeopardに移ってしまったのでTigerにはなじみがない。なんとなく違和感がある。
また、フォントをMac風にしているようなのだが、Leopardと違うのでこれも違和感の原因かもしれない。
WindowのタイトルバーがMac風にならないのは、今日使ったアプリではiTunesとVMWare Playerだった。どちらもタイトルバーにメニューが表示されるので独自描画をしているからのようだ。
また、ホームページビルダーは今さらのMDIアプリなのだが、MDIの子ウインドウを最大化したときのクローズボタンなどが正しく表示されなかった。おそらくMacにMDIアプリが基本存在しないのでデザインが練れていないのだろうと思う。
最後に問題になったのがDockの表示。Mac miniでは下部に表示している。もちろんMacもどきでも下に出していたのだが、自動的に隠すの設定で問題になった。VNCでMacに繋いでいるとき、
VNCビューアはフルスクリーンで使っているのだが、ビューア内のMacとMacもどきの両方のDockがマウスカーソルに反応して表示されてしまった。とりあえず、もどきのDockの方の使用頻度が低いのでこちらを右に表示に変更、Mac miniの方は変更しないで使ってみることにした。
この状態でしばらく使ってみる。それにしてもビューア内もMac、本体OSもMacもどき、これでVMWare内のFedoraがMac風スキンだったら区別がつかない、というより混乱しまくるだろうな。もっともVNCとVMWareを同時に使うことはないのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました