マシンスペックは力

LOOXのiTunesを8にした時にGeniusをONにしたのだが、曲の再生が終わって次の曲がはじまるまでが若干もたつくような気がしたのでOFFにしていた。
iTunesをMac mini上に戻した後も、ライブラリに設定情報が乗っかっていったので、GeniusはOFFのままだった。
よくよく考えると、Mac miniのスペックはCPUもメモリもLOOXからみるとスペックが相当上になるので、ONに変更してみた。
最初にONにした時の動きも速いし、再生時の曲間のもたつきもない。マシンスペックがそのまま現れた感じだ。
どれだけGeniusを活用できるかわからないけれども、しばらくONにして使ってみることにする。
まぁ、iTunes Storeで買いあさることはできないので安心なのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました