風のガーデン

今日で最終回。
見るつもりはなかったのに、放送開始直前の緒方拳さんの訃報で見ることにした。
序盤は登場人物が多く(国仲涼子途中で消えたな)、場面の切り替えが激しく、日付表示も理解できず正直よくわからなかった。
貞美が富良野に帰ったあたりからは、わかりやすくなっていったが、日常の描写が多いような感じがして北海道の風景以外は、これだ!、というシーンはあまりなかった。
で、今日の最終回。先週散々伏線をはった結婚式のふりのシーンは回想シーンであっけなく完了。劇中の時間も一気に進んで貞美の症状も一気に悪くなる。
麻薬を増やすよう願ったあと、ご臨終のシーンを描かずに文字だけで「永眠」としたのはらしいといえばらしいところか。この終わりを持つドラマを撮り終えて亡くなった緒方さんというのもなんなのだろうか、という感じだ。
にしても、最近、自分が見る中井貴一の演じる役はいつも病人だな。といってもHEROの滝田さんとこの作品しかないのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました