MacOSX 10.5.6

なるバージョンがリリースされた。自動更新が反応していなかったが、Asciiのメールマガジンでリリース情報を知ったので、林檎メニューからソフトウェアアップデートを選択して更新をかけた。
とりあえず、内容的にもあまり必要性は感じられないのだが、最新にはしておいた。
Leopardのリリースが去年の秋頃だった気がするから一年で6回(5回?)のマイナーリリースが行われたのか。2ヶ月に一回くらいになるのかな?
SPは別にして、毎月WindowsUpdateで何らかの更新があるWindowsと比べてどうなのかな?まぁ、コスト考えるとそうそう完璧なものをリリースできないのはわかっているので、修正が出るのは「悪」とは思っていない。
更新がなくなるよりは全然いいのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました