iTunesライブラリの復旧作業

いつも通りにメタデータと音楽ファイルの関連付けで作業を進めてきたのだが、何分、ライブラリが巨大になってきたのでなるだけ手数を減らしたい。
そこで思い付いたのが、マシンパワーにものを言わせて音楽ファイルを作り直すというもの。
昔は、音楽ファイルにアートワークを埋め込んでいたのだが最近は別管理になっているので、音楽ファイルを作り直してもアートワークを取得しなおす必要はない。
以前のファイルを消して(消さなくてもいいけれどもディスク容量の都合で消す)、CDをドライブに挿入、するとダイアログが出るので、「既存のデータを置き換え」を選択するとメタデータをそのままに、音楽ファイルだけ新しくなる。
今のマシンだと一枚リッピング+エンコーディングするのに2分ほどかかるのでその分待つが、手作業だとミスも出るので楽できた方がよい。
ちなみに、私は、2枚組などのアルバムがカラムビューワで別アルバム扱いになるのが嫌なので、[DISC1]などとアルバム名についたのをすべて手作業で消している。だから今回の作業が通用するのは1枚ものだけである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました