CD-Rが生きていた

10年ほど前、CD-R/RWを使い始めた頃、まだ大容量のMP3プレイヤーもなく、またMP3エンコーダも等倍程度の速度しか出ず、一晩中動かしていたりした。
そんな状況だったので、借りたCDはCD-Rにコピーしていた。その頃のディスクは長いこと使っていなかったが、冷暗所に保管していたため、あまり気にしていなかった。
iTunesに取り込んでしまおうと思って、久しぶりに出したのだが、きちんと読み込めている。CD-Rが一般的になり始めた頃、長期保管での寿命がとりざたされていたような覚えがあるが、きちんと保管しておけば少なくとも10年は持つことがわかった。
また寝かして忘れた頃引っ張り出してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました