女子バレーワールドグランプリ・ブラジル戦(マカオラウンド)

予選の最終ラウンド。昨日の試合は夜だったので見ていない、録画はしてあるが。スタメン発表を見てびっくり。セッターが河合、対角に狩野、センターに大村が入っている。河合については昨日に続きという実況があった。確実に経験値モードということか。残りの四人は栗原、木村、杉山、佐野。ベンチ入りは特に変更ないが荒木がおらず、西脇というノーチェックの選手がいる。
ゆっくりしたペースだが相手は世界ランク1位、じわじわ離される。バックアタックも移動攻撃も相手が一枚上手の印象。16-25、21-25、15-25のストレートでブラジルが勝った。ブラジルはこの勝ちで決勝ラウンド出場を決めた。
経験値モードとはいえやはりこのメンバーでは見劣りがする。竹下と河合は比べるのは酷だし、高橋と狩野については、狩野は確かに器用な選手だが迫力とかパワーがない。竹下・高橋が河合・狩野になると攻撃のバリエーションが明らかに少ない。明日も経験値モードかな?来週の決勝ラウンドはどうするのだろう?ベストメンバー使うのか、経験値モードを続けるのか?

スポーツ
kimをフォローする
元ぷろぐらまあの日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました