夜のドライブ

夜、テレビを見ていたら腹が減り、久しぶりにラーメンが食べたくなったので車で出かけた。ラーメンは一時期通っていた近所のくるまやラーメンで。食後にマックスコーヒーを久しぶりに飲みたくなったので松戸の7-11までペットボトルを買いに行く(缶は地元で買えるが、ペットボトルは千葉県に行かないと買えない)。購入後、ガソリンスタンドに寄ってタイヤの空気圧調整をして帰ろうと思っていたが、給油・空気圧調整をしていたら走りたくなったのでそのまま出かけた。
当てはないのでとりあえずR4を北上。トラックとタクシーがペースを作る。深夜独特の速いペースで北上する。R4 バイパスを走り、R50を西へ。およそ10年前に当時の愛車カルタスクレセントワゴンで日中走ったコースをたどることにした。
R50を西に進み、道の駅思川で休憩。飲み終わったペットボトル(マックスコーヒー)を処分してトイレ休憩。ルート確認をしたかったが近所までのつもりだったので地図が無く、道の駅の施設も閉まっているのでナビの地図しか使えない。ナビの画面は国道以外はルーティングされた時以外、非常に細くしか表示されないのであまり使えない。
道の駅からさらに西へ。佐野藤岡から東北道では高速料金が高くつくので下道を選択。記憶をたどると渡良瀬遊水地の南側を走った記憶がある。今なら道の駅きたかわべがあるエリアを県道9で走った記憶がある。R50から県道11を南下。渡良瀬遊水地のあたりで県道9に合流。記憶が確かだった。R50の交差点は「静」、交差点左折時の信号待ちで「帰宅」でナビをセットした。道の駅きたかわべを通過してR354を右折、国道をたどらず道なりに進んで道の駅おおとねの前を通過、R125を左折して東北道に加須から乗って、首都高を走って帰宅した。東北道は岩槻辺りまでは車も少なく快適だった。ペースもそれほど速くなく、100kmペースで中央のレーンを他車につかえることなく走れるレベル。浦和本線でナビには料金850円となっていたが早朝割引で500円。なにげにラッキー。
5:30前には余裕で帰宅した。夜型になってしまうからあまり頻繁には走れないが、この季節、夜は涼しく道もすいていて快適に走れる。眠くならなければ安全だ。機を見てバイクでも走ってみようと思った。

kimをフォローする
元ぷろぐらまあの日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました