一気の帰宅

大阪から一気に帰宅した。
何度か目が覚めたがそのまま何度も寝てしまい、起きたのは7:30頃。それからトイレに行って着替えて荷物をまとめた。8:00を回ったくらいに皆に見送ってもらって出発。新名神を走ってみたかったので吹田から名神のルートを選択。
新御堂筋を北上し途中で給油してから吹田で高速に乗る。若干車が多いがすぐにばらけた。京滋バイパス、新名神、東名阪、伊勢湾岸のルートで走行。ジャンクションで流れが悪くなり、分岐・合流が済むと流れがよくなる、というのの繰り返し。それでも渋滞はまったくない。
伊勢湾岸道の刈谷PAで朝食。出発してからおよそ2時間。きしめんとご飯のセットを食べて、お土産にえびせんを購入して出発した。
東名への合流点からしばらく上り坂で車の流れが悪くなる。二車線の区間なのでどうにもならない。自衛隊の車もいてさらに流れを抑えている。それでもバイクなので前には進めるのだが。
静岡県に入ってようやく流れが戻る。昼前に牧の原SAに到着。少し早いが昼食にした。軽食エリアが混んでいたので時間はかかったがレストランに入った。207円のドリンクバーがあったので注文。ペットボトルを買うより安く済んだ。
給油をして出発。ここからなら途中の給油なしで帰宅できる。足柄か海老名で最後の休憩を考えて出発。
清水を過ぎたあたりから前方の空が黒いのが気になる。そして由比PAを過ぎたところで振り出した。さらに渋滞。渋滞は富士ICまでで解消したが雨はどこまで行っても振ったりやんだり。
足柄では寒かったので休憩をしなかった。海老名は入口が混んでいたので通貨。結局家まで一気走り。都内に入ると雨が強くなる。さらに自宅に近づくにつれて雨が強くなった。自宅には15:00を回ったくらいに到着したが、荷物をおろしていたらさらに強くなり、家に入ったらさらに強くなった。一気に帰ってきて正解だった。
時間が早かったので、お盆なのに渋滞が無く、普段の週末の夕方のほうが混雑しているくらいだった。
今回のツーリングでは途中でバッテリーを空にしてしまったのでトリップメータがリセットされてしまい、走行距離がわからない。
オドメータの記憶から計算すると、2,200kmくらい走ったようだ。
久しぶりにロングツーリングとマスツーリングを堪能した。テクだけではなく、チョンボをしないようにしたり、バイクの調子を把握したりといろいろ身につけたいなと思った。

バイク
kimをフォローする
元ぷろぐらまあの日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました