さらにLOOX依存度を高める

LOOXのHDDを換装して、一応環境が出来上がってきたのだが、レストアディスクが128GB以上の領域のパーテーションを作れないため、未使用領域が100GB強残っていた。
何に使うかを考えたところで、この際だから、iTunesのライブラリをMac miniから移してしまうことにした。
これが成功すれば、デスクトップPCはテレビ録画マシン、Mac miniはMacでなくてはできない作業(今の自分になにがあるのか...)、EeePCは軽量モバイルとして、それ以外がすべてLOOXに集約される。
作業はMac miniのiTunesライブラリフォルダをWindows共有で設定し、LOOXからアクセスしてコピーする。ファイアウォールの解除にてこずったが作業が開始できた。
最初に素の状態でiTunesを起動して、ライブラリの場所を環境設定で変更する。デフォルトではマイミュージックの下になっているので今回用意したパーテーションの下のiTunesフォルダに変更した。
次に、ライブラリファイル(DBとXMLファイル)をマイミュージックの下のiTunesフォルダにコピーする。
そして、環境設定で指定したフォルダに音楽ファイルとワークアートをコピーする。無線LAN経由で半日かかった。
音楽ファイルは時間がかかっただけでコピー完了。ワークアートは直下のLocalフォルダがコピーできなかったのでWindows側に手で作成して、その下を一括コピーした。
iTunesを起動すると何の問題もなくライブラリを認識した。プロパティを確認してもコピー後の音楽ファイルの実体をきちんと認識している。MacのOS再インストール、ライブラリの場所の移動で散々だった結果がうそのようだ。
まだiPodの同期はとっていないが、この後でする予定。ちなみにmixi stationもインストールした。
こんなに最近使っているLOOXを寝かしておいた自分は一体...

コメント

タイトルとURLをコピーしました